【ブログ更新】衆院選2017キーワード

本日、10月10日が公示日となる第48回衆議院選挙に立候補した政党が、「移民」や「難民」、「外国人」など、当団体の活動に関連したキーワードについて、どう考えているのかを各党の政策集から抜き出してみました。(2017年10月9日現在)
詳しくは、団体ブログをご覧ください。

『たぶんか便り』の記者を募集します

東海地域で多文化共生に取り組む個人・団体を紹介するウェブマガジン『たぶんか便り』の記者を募集します。多文化共生に興味がある、外国人コミュニティを取材してみたい、文章を書くのが好き、etc. 意欲的な方大歓迎です。お気軽にお問い合わせください。

【募集期間】2017年10月10日〜12月20日まで(応募多数の場合は途中でも締切ます)
【募集人数】3〜5名程度
【活動内容】外国人コミュニティまたは個人へのインタビュー取材と記事執筆
【活動頻度】1か月に1回程度〜応相談
【対象地域】東海4県(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)在住・在学の方
【対象年齢】18歳以上(高校生不可)
【条  件】①インターネット、word、Eメールが使えること、
      ②ウェブマガジン『たぶんか便り』に読者登録する/していること
      ③当団体の活動目的を理解していること
【待  遇】取材に要する交通費のみ全額支給、執筆謝金なし、ボランティア保険加入
【 そ の 他】語学力・経験は問いません
【 問 合 せ】mrc-t@nifty.com / 070-4114-6268(担当:土井)

*全文お読みいただくには無料の「読者登録」が必要です。

9才になりました!

おかげさまで
本日2017108日をもちまして
当団体は設立9年目を迎えることができました。

この9年間、多文化共生分野のNPOとして
微力ながら事業を継続・展開してこられたのも
ひとえに当団体の活動を陰日向にと応援してくださる
皆様のおかげと心より感謝申し上げます。

国境を越えて移動する人々や
それを受け入れる日本社会の状況はもちろん
当団体スタッフ一人ひとりの生活環境も
設立当初とは大きく変化しています。

そうした中でも
常に柔軟な思考とブレない信念をもって
これからも多文化共生社会づくりに
貢献していきたいと思います。

来年度
10年の節目を迎えるにあたり
より多くの方々のご理解とご協力を賜りながら
この地域に必要とされる組織を目指して
精進してまいります。

今後とも
どうぞよろしくお願いいたします。


2017108
スタッフを代表して
代表理事 土井佳彦

【お知らせ】あいち地域日本語教育アドバイザー派遣2017

昨年度ご好評をいただいたアドバイザー派遣を今年も実施します。
平成28年度までに文化庁「地域日本語教育コーディネーター研修」を終了された方々(愛知県在住者)をアドバイザーとして、愛知県内の地域日本語教室に派遣します。

今年度はさらに時間数を増やして、10団体に10時間、計100時間分のチャンスをご提供します(先着順です!)。もちろん、1時間のご利用からでもかまいません。日本語教室活動に関するさまざまなご相談に、アドバイザーが親身に寄り添います。

詳しくは、チラシをご覧のうえ、事務局までお気軽にお問い合わせくださいませ。
チラシダウンロードは、こちらから。
*正式な応募受付は、10月10日からとなります。
【事務局】aichi.jadviser(at)gmail.com  *(at)を@に変えてください。